コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

『なめとこ山の熊』の二円って?

『なめとこ山の熊』を読んだホッペが、不思議そうにしています。

「なんかね、熊も小十郎も、お互い好きみたいなんだよね。撃たれるのに嫌いじゃないんだよね。最後は熊を追いかけて、遠くの山でこごえて死んじゃうんだよ」とか、

「せっかく熊を撃っても、全然お金にならないの。すごく意地悪な人がいて、お願いしてお願いして買ってもらっても、毛皮二枚で二円にしかならないんだって。二円だよ!二円って、今のお金でいくらぐらいなのかな?毛皮って今はいくらぐらいするものなのかなぁ」

とか、色々話すなかでも特に気になるのが「二円の価値」。しきりに言っています。

「それっていつ頃のお話なの?」と訊いてみると、

「わからない」

「着ているもの、住んでいるところはどんなふう?」

「着物で、家はね、粗末な家だよ。お金がないしね。あと、『昔』って書いてあった気がする。あ、じゃあこれを書いた人が生まれた時がわかれば、その少し前ってことだよね。本を探して、あとがきを読んだら何か書いてあるかも!あとがきってね、けっこう色んなことが書いてあるんだよ~」

「うんうん、宮沢賢治なら伝記もあるかもしれないね。ほかにどんな本で調べればわかりそう?図書館のどのあたりにあるかな」

「えっとね、歴史のところに、お金の本があればわかるよ。だって図書館には10万冊も本があるんだよ。見学に行ったとき、特別に教えてもらったの!」

辞書はなかなかひく習慣がつかないホッペですが、こういうことは(その気になれば…)そろそろ自分で調べられそうだなと思ったのでした。

歴史は習っていなくても、本を読んでいれば時代背景は切り離せないもの。「○○年って書いてあっても、よくわからないんだよ」と良くぼやいているので、そろそろ時代の流れがざっくりわかるようなものの買い時かもしれません。どんなものを選んだらいいか、悩み中です…。



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
コンテントヘッダー

嫌な宿題を前向きに。

入学当初から、計算の宿題が多いとブーブー言っていたホッペが、変わってきました。

「なんか記憶力って不思議。
今まで勉強したこと全部言ってって言われたら、言えないでしょ。
でも出題されたらできるんだよね。」

なんて言いながらとりかかったのは、四桁と三桁の引き算(嫌いな筆算)。

ため息をつきながら書き写していたものの、

「あ、先に全部書き写しちゃお。それで最後の問題から逆にやっていこう」

と、作業を分け、解いているうちに…

「引き算ってね、準備が整えばどの桁から計算してもちゃんと計算できるよ。大きい方からやったって、その次を見れば、繰り下げるかどうかわかるでしょ」

「そうなの、じゃあその日の気分に合わせてやれるわけだね」

「そうそう、ちょっと楽しい。嫌なんだけど、楽しくなる。
でも、嫌いなものを好きな順番で食べても美味しくはならないけどね…」

その新しいやり方で、楽しげにどんどん解いていました。


我が家では、宿題は遊ぶ前にやらなくてはいけないもの。
「私は気分を変えるために最後から解いたりしていたよ」、
「嫌なことなら集中して早く終わらせて、やりたいことをやったらいいんじゃない?」
などと言うこともありましたが、基本的には隣に座っているだけ。
(作文など、考える時間が必要なものは別です)

この先嫌でもやらないといけないことは幾らでもあるし、ある程度割りきってやることに慣れるのも大事だと思っています。そのかわり、習ったのと違うやり方を試しても、とめはしません。ダメならダメであとから先生に言われるので、そこは先生におまかせ、です。計算なら、その子が速くやりやすい方法で正確にできれば、最終的にはそれでいいわけですからね。

こんな見守り方の結果かどうかはわかりませんが、嫌なことの中にも楽しさを見出しながらできるようになって、良かった良かった。なにしろ去年まで、

「夏休み、楽しみだな。でも、宿題が…あ~あ…」だったのが、
 
「夏休みの宿題、早くもらえないかなあ。早く終わらせて遊びたい!」

なんて言っているわけで、この変化、けっこう大きいです。
大好きな自由工作(もうプランがある様子)に、存分に時間がさけるといいな。



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
コンテントヘッダー

アイロンビーズのプレートとしおり

アイロンビーズ図案
以前アイロンビーズで作ったプレートのようなものの輪郭を紙にうつしとり、
「マユちゃん、どんなのにする?」
ホッペが希望をききながらデザイン画を描いていました。
作ると決めたら色も塗って。

アイロンビーズのプレートとしおり

まずはマユの分、ハートの方を作った様子。

長方形のものは、しおり。ぺったんこにアイロンをかけるよう頼まれます。
「こうするとクローバーに見えるよ」とマユにも教えて、量産していました。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


パーラービーズ 夜光ミックス 2000P 18140パーラービーズ 夜光ミックス 2000P 18140
(2009/04/08)
カワダ

商品詳細を見る
コンテントヘッダー

雨の日はボードゲームを。

マユが主に家ですることと言えば、まずはピアノの練習。折り紙や工作、読書。そして、日課になっているのがトランプやボードゲームです。

トランプだとババ抜きジジ抜き(二人でも!)、神経衰弱、七並べがお決まりのコース。でも、雨で家にいる時間が長いと、付き合う私の方が飽きてきます。なにせ毎日ですから…。そんなとき活躍しているのが、この日本旅行ゲーム。

どこでもドラえもん 日本旅行ゲーム 3どこでもドラえもん 日本旅行ゲーム 3
(2009/09/12)
エポック社

商品詳細を見る


かんたんモードもあってプレイ時間の調節ができるし、裏面で世界旅行もできます。(写真は世界旅行中)
世界旅行

ドラという通貨で、ご当地名物のカードを買い集めたり、飛行機や船に乗るのに運賃を払ったりします。マユも1000ドラ単位のやりとりに慣れて、いつのまにかお釣りもきっちり計算するようになりました。

面白いことに、大人が目的地めざしていかに効率よく進むか考える一方で、子どもたちは「お小遣いマス」や「ひみつカード」がひけるマスに魅かれて寄り道ばかり。ホッペは最初のころ勝ち負けそっちのけで金の亡者になっていました。

寝る前に、
「おやすみなさい。夢でオーロラ見に行ってくるね」
「私は中国にいってパンダに会ってくる」
などという会話がきこえてくる今日この頃です。


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
コンテントヘッダー

折り紙の舟

舟といっても、マユが自分で考えたもの。

最初は右奥の、次に左奥のものをつくって、そのあとまた同じものを作り、

「はい、じゃあママもつくりますよー」

と、二人でさらに二つ作りました。

「まず、四角く半分に折ってください!そしたら次に、今折ったところをひーろーげーて、ここね!ここを!三角に、おりまーす。はい。できましたかー?できたら、…」

我が家に時々登場するキャラクター、「おりがみせんせい」になっているのですが、口調が今の担任の先生にそっくり過ぎて笑えます。

折り紙の船

「いいものができた!」と思ったら、いくつも作りたくなるし、人にも教えてあげたくなるんでしょうね。

ホッペも全く同じ遊び方をしていたなぁ、と懐かしくなってしまいました。


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


親子でつくろう! 遊べるおりがみ親子でつくろう! 遊べるおりがみ
(2001/11/27)
山梨 明子

商品詳細を見る
コンテントヘッダー

小数の割り算をやってみたら…

以前、割り算の宿題をやるときにホッペが、
「もっと難しいのがやりたいのに…」
とブーブー言っていたので、挑戦状を出してみました。
(習ったばかりの割り算、九九で割り切れるものばかりで飽きています)


内容はtwitterで話題になっていた 5÷0.2 という問題。

「なにこれ、挑戦状だって。0.2って、1の2割だよね?」とホッペ。しかし、

「え?1?あれ、おかしいな。ひょっとしてこれも答えがない?」と混乱…

「ふっふっふ、解けるかな。図でも書いてみたら?」と私が言うと、

ささっと円を5つ描いて、1つを10の部屋にわけて、

「わかった!50だ!」

…うっかり0.1がいくつか数えたわけですね。

もう一度考え直して、0.2ずつだと気づくとすぐ正解にたどりつきました。


落ち着いて考えたらわかることでも、見慣れないだけでけっこう戸惑うんだな、と実感。そういえば、せがまれて時々出してきた問題は、文章題が圧倒的に多かったかもしれません。

それにしても、一度理解した計算問題をやるのはすごく嫌そうなのに、こういうときはやる気満々。今度宿題を嫌がったら、「終わったら難しいの出してあげるから」と、つってみようかな…



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


宮本算数教室の賢くなるパズル―四則・中級宮本算数教室の賢くなるパズル―四則・中級
(2007/02)
宮本 哲也

商品詳細を見る
コンテントヘッダー

twitterの話題より:中学校理科の教科書に小数の割り算?

twitterでフォローしている東大の早野先生のつぶやきから、こんなことが話題になり、togetterにまとめられています。

中学校の理科の教科書に小数の割り算をという話

小数の割り算、そんなに躓きやすいポイントなのですね。
「割るから小さくなるはず」という思い込みが原因なのだとか。

ほかにも、現場で実験に使える予算がとても少なく、先生方が苦労されていることも併せて話題になっていました。


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
コンテントヘッダー

しゅくだいごっこ

ホッペが宿題をやる間、マユも宿題をやりたがるときがあります。そんな時用にひらがなのワークやパズルなどもあるにはあるのですが、最近はホッペに宿題を出してもらうのがブーム。

今日はこんな書き取りの宿題が出ていました↓
しゅくだい
マユが「み」を間違えているのをホッペはずっと気にしていたので、それが出題に反映されているのでしょうね~。

「もっと!」と言われて、
「じゃあ、いちにち、ににち、さんにちっていうのを、漢字で書いて。じゅうにちまでね」
「…できたよ!」
「その下に、ついたち、ふつかって、正しい読み方を書いてね」
「はーい」
しゅくだい2
マユにとってわかるものもうろ覚えのものもある、なかなか絶妙な難易度の問題でした。

あ、「み」がまた…

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳
(2012/07/24)
桂 聖、永田 紗戀 他

商品詳細を見る
コンテントヘッダー

コピー用紙で立体工作

マユがちょきちょきと色々なかたちを切って、配りました。

「はい、これで自由工作してくださいねー」
自由工作の材料

「おもしろいねー。鳥をつくろうかな」とホッペ。
「ママ、鳥にあげるのはエサがいい?水がいい?」ときくので、
「今日は暑いからお水かな」と言うと、
「表がエサのうさぎりんご、裏が水でした~」
鳥とえさ

鳥と水

さらに、紙のお人形も。
紙の人形
「腕が長すぎる。手術しよう!」
「おなかがぺっちゃんこすぎる。手術して詰め物しよう!」
とハサミでオペしていました…。痛そうだけど、なかなかバランスがとれた姿に。

マユは立体のトイレを作りました。見づらい写真ですが、便座を立体的に立てて、目隠しの壁も作ってあります。
紙トイレ
いつの間にか、パーツの大きさを考えてそれらしいものを作れるようになっていてビックリ。

そういえば、同じ日に幼稚園で作ってきた手紙…
立体お手紙
「ハートがつぶれちゃったんだもん」
とむくれていたのは、立体的につくることへのこだわりからだったんだなぁ、と納得したのでした。



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
コンテントヘッダー

田植え、羽化、そして…

週末に、無事モンシロチョウがサナギから羽化しました。

ホッペが田植え体験に出かけた直後だったので、さぞかしがっかりするだろうと思いきや、

「あ、この液体やっぱり出したんだ。ぎゅうってしぼりだすんだよね!」とか、

「観察描くまで逃がせないからエサどうしよう~」とか、

「ま、あと二匹いるしね」

…意外なことに、まったく平気でした。生き物だからどうしようもないことがあるってことに、慣れてきたのかしら。出てきたチョウは、ほんとうにモンシロチョウかと思うほど黄色いのですが、これがメスの特徴なのだそうです。


田植えでは自由時間にカエルをつかまえたそうで、今朝も

「カエル飼いたいなあ、連れてきたかったなあ」

とつぶやいていましたよ(母は生返事)。


さて、二つの大興奮のほかにもいくつか用事があったホッペ、珍しく気が抜けた状態になってしまっています。

「連絡帳が見つからない…」とさがしまわれば、マユがあっさり

「音読カードの下にあったよ~」

「あ、ありがと」

今朝もマユに、髪を結んでいないよ、校帽は?…とあれこれ世話をやかれて出かけていきました。大丈夫かいな。



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
プロフィール

maharl.w

Author:maharl.w
2004年&2007年生まれの姉妹の遊び・学びの記録です。

最新記事
広告
カテゴリ
月別アーカイブ
参加ランキング


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。