コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

『なめとこ山の熊』の二円って?

『なめとこ山の熊』を読んだホッペが、不思議そうにしています。

「なんかね、熊も小十郎も、お互い好きみたいなんだよね。撃たれるのに嫌いじゃないんだよね。最後は熊を追いかけて、遠くの山でこごえて死んじゃうんだよ」とか、

「せっかく熊を撃っても、全然お金にならないの。すごく意地悪な人がいて、お願いしてお願いして買ってもらっても、毛皮二枚で二円にしかならないんだって。二円だよ!二円って、今のお金でいくらぐらいなのかな?毛皮って今はいくらぐらいするものなのかなぁ」

とか、色々話すなかでも特に気になるのが「二円の価値」。しきりに言っています。

「それっていつ頃のお話なの?」と訊いてみると、

「わからない」

「着ているもの、住んでいるところはどんなふう?」

「着物で、家はね、粗末な家だよ。お金がないしね。あと、『昔』って書いてあった気がする。あ、じゃあこれを書いた人が生まれた時がわかれば、その少し前ってことだよね。本を探して、あとがきを読んだら何か書いてあるかも!あとがきってね、けっこう色んなことが書いてあるんだよ~」

「うんうん、宮沢賢治なら伝記もあるかもしれないね。ほかにどんな本で調べればわかりそう?図書館のどのあたりにあるかな」

「えっとね、歴史のところに、お金の本があればわかるよ。だって図書館には10万冊も本があるんだよ。見学に行ったとき、特別に教えてもらったの!」

辞書はなかなかひく習慣がつかないホッペですが、こういうことは(その気になれば…)そろそろ自分で調べられそうだなと思ったのでした。

歴史は習っていなくても、本を読んでいれば時代背景は切り離せないもの。「○○年って書いてあっても、よくわからないんだよ」と良くぼやいているので、そろそろ時代の流れがざっくりわかるようなものの買い時かもしれません。どんなものを選んだらいいか、悩み中です…。



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

maharl.w

Author:maharl.w
2004年&2007年生まれの姉妹の遊び・学びの記録です。

最新記事
広告
カテゴリ
月別アーカイブ
参加ランキング


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。